特集 我孫子のいろいろ八景歩き
◇我孫子駅南口階段で写真展が開催
  「我孫子のいろいろ八景歩きマップ写真展」が12月1日〜3月1日、我孫子駅南口階段で開催された。昨年9月の「成田線車窓八景マップ」完成をもって、全15巻の「我孫子のいろいろ八景歩きマップ」が揃ったことになり、これを記念してJR我孫子駅の協力を得て我孫子市が開催した。

  写真は、各マップの表紙写真を拡大したもので、階段を通る人々の足を止めていた。この模様は、J:COM TVのデイリーニュース(12月21日)で放送され、我孫子市景観推進室の鈴木主任が登場してPRしていた。
◇散策の模様が千葉テレビで放送
  千葉テレビ朝の情報番組「シャキット」(2月8日放送)で、散策の模様が放送された。コースは「坂道とハケの道の岡発戸こもれびコース」で、1月28日にロケーションが行われた。ガイドは、天王台・東我孫子エリアのリーダー鈴木さんで、会員の飯田、中塚、横山、吉澤各氏と散策した。
  素晴らしい景観スポットが鈴木さんの流れるような説明と共に画面に映し出された。これは、我孫子市我孫子の魅力発信室の推薦で行われ、冒頭、我孫子駅南口の「我孫子のいろいろ八景歩きマップ写真展」も紹介された。

現在はユーチューブ「■あびこの魅力発信チャンネル」で視聴できる。
◇八景マップが“ちいき新聞”に大きく掲載

  「我孫子のいろいろ八景マップ」全15巻完成の記事が、ちいき新聞(2月15日)1面に大きく掲載された。「全15巻ついに完成!」「市民から募った景観ポイントを巡る」「コースを組み、撮影し、歩いて確認」の小見出しで、歩いてみたくなるような内容で紹介している。
◇八景マップをJ:COMテレビの番組で詳しく紹介
  1月からの新番組、ナイツの塙宜之さんのインタビュー番組「東関東人図鑑」(2月11日放送)に吉澤会長が出演し、「八景歩きマップ」をはじめ当会の活動について、約20分にわたって紹介した。
  塙さんは我孫子市の観光大使でもある。実家が市内つくし野(まちなみ八景)にあることから「マンションストリートから森をぬけるつくし野コース」に特に興味を持たれ、歩いてみたいと語っていた。
  漫才では“ボケ役”の塙さんだが、今日はインタビュアーとして吉澤会長にどんどん突っ込んでいた。それに丁々発止と的確に応える吉澤会長に、惚れ直した人がいたとかいなかったとか。
  放送は再放送も終了し、現在はユーチューブ「■東関東人図鑑」で視聴できる。
「居ながら八景歩き」出前開催 高橋 哲生(会員)
2月27日(水)、布佐平和台シニアサロン“かえで”において、スライドショーによる「居ながら八景歩き」を紹介した。これは、布佐平和台ボランティアグループ“チームかえで”の依頼によるもの。会場は布佐南近隣センターの集会室で、参加者はスタッフを含めて40人ほど。最初の20分は健康体操を行い、その後我々の出番。初めに鈴木さんから当会の紹介、八景探しから八景歩きに至る経過の説明があり、続いて我孫子エリアの私から3コースの説明を行った。少し時間がかかり、司会の鈴木さんにご心配をかけてしまった。

次に鈴木さんの天王台・東我孫子エリア、飯田さんの湖北エリア、最後に地元の布佐・新木エリアの説明を中塚さんが行った。小見川さんも見学に駆けつけてくれた。布佐は皆さん知っているところが多く、反応も良かった。参加者の年齢構成は70代が中心で90代の人もいるとのことだった。その後お菓子付きの茶話会に参加させてもらった。

■もどる